学生部

学生部員として

学生時代には、進学や就職という人生の大きな岐路があります。人生を山登りに例えるならば、学生はまだ山を登り始めたばかりであり、歩みはゆっくりであっても頂上へと続く道を着実に進んでいくことが大切ではないでしょうか。「学生部信条」に自らを照らし合わせ、学生部活動を通じて同世代の仲間と切磋琢磨しながら、充実した学生生活を送れるよう取り組んでいます。

学生部信条

  • 日本の文化と伝統を進んで学び、国とご皇室に対して感謝の気持ちを持ちましょう。
  • ご先祖様や親、家族への感謝の気持ちを大切にし、親孝行を実践しましょう。
  • 毎日のお経を、心を込めてあげさせていただきましょう。
  • 修養会や地区活動、毎月の法座に積極的に参加しましょう。
  • 学生の本分である勉学に励み、社会で活躍できる人材を目指しましょう。
  • 他人への思いやりを忘れず、公明正大に生きましょう。

次代を担う子どもたち

子どもたちは、将来の国や社会を担う大切な存在です。様々な価値観が溢れる中で、子どもの頃から人として正しいものの見方・考え方を身につけることはとても重要なことでしょう。学生部では、国を思う心や先祖供養、親孝行の大切さなど、有意義な人生を歩んでいくために必要な良識を学んでいます。

大切な学生時代

学生時代は、その後の人生を大きく左右する重要な時期です。まずは本分である勉学に励み、目標をもって日々の努力を積み重ねることが大切だと考えます。そして、進学や就職など人生における大切な選択の機会には、信仰を活かして自分に相応しい進学先、就職先に進めるよう取り組んでいます。

学生部の活動

学生部は、青年部と同様に、地域ごとに地区制を敷いて活動しています。各地区において、修養会やレクリエーションなどを通じて、同世代の仲間と楽しく信仰を学んでいます。また、高輪教会や各教会で学生部修養会を毎月行っているほか、日光林間学校や各地域の林間学校、皇居勤労奉仕など、学生部独自の行事もあります。